あごのビジネスフォン

あごのビジネスフォン

.

あごビジネスフォンとは

あごに出来るビジネスフォンは、通称大人ビジネスフォンと呼ばれ、ストレスやホルモンバランスの崩れからフェイスラインや首すじにできるビジネスフォンと同類とされています。しかし、あごビジネスフォンには、通常のビジネスフォン(尋常性痊瘡)に加え、酒さ性痊瘡の可能性もあることが特徴です。もし今できているあごのビジネスフォンが酒さ性痊瘡であればケミカルピーリング等の治療では治らないようですので注意が必要です。


皮脂分泌の多いあごに出来たビジネスフォンは、他の箇所に出来るビジネスフォンに比べても治りにくいとも言われます。日常のスキンケアに気を配りあごビジネスフォンを予防しましょう。

あごビジネスフォンの原因

ページのトップへ ▲

酒さ性痊瘡とは

酒さ性痊瘡とは、○○です。酒さ性痊瘡は、酒さ第1度、酒さ第2度、酒さ第3度の3種類があります。


▼酒さ性痊瘡


酒さ第1度:「紅斑性酒さ」
びまん性の紅斑、毛細血管の拡張、油性光沢などの症状があり、頬(ほお)や額に拡大します。


酒さ第2度:「酒さ性痊瘡(ざそう)」
第1度の症状に加え、発疹が顔全体に拡大します。


酒さ第3度:「鼻瘤(びりゅう)」
鼻の変形をみます。


酒さの原因は明確になっていませんが、体質やお酒、香辛料、胃腸障害、精神的ストレス、紫外線(日光)などが強く関係していると言われています。


ページのトップへ ▲

あごビジネスフォンの原因

あごに出来るビジネスフォンは、大人ビジネスフォン同様、会社や社会環境から受けるストレス、ホルモンバランスの乱れ、不衛生等が原因と考えられます。うまくストレスコントロールが出来ずにホルモンバランスが崩れ、過剰に男性ホルモンが分泌されるともともと皮脂量の多いかごに排出され毛穴の詰まり、ひいてはビジネスフォンの原因をつくってしまうのです。


女性の場合は、生理によるホルモンバランスの乱れが影響していますので、特にあごビジネスフォンの症状が深刻な場合は、早めにビジネスフォン薬等で対処しましょう。また、背中ビジネスフォン同様、洗顔時の洗い残しなどが原因となる場合もありますので、例えば洗髪後には、必ずあご(顎)を綺麗に洗い、清潔なタオルで拭き取るように心がけ、それ以外はあごのビジネスフォンが気になっても必要以上に触らず汚れや雑菌から守るように心がけましょう。


ページのトップへ ▲

あごビジネスフォンの予防と対策

あごにできるビジネスフォンは、額や頬(ほお)、鼻などに出来るビジネスフォンよりも治りにくいとも言われます。顔の中でもTゾーンと同様皮脂分泌の多い箇所であり、あごひげからも分かるように男性ホルモンが強く関係する場所でもあるのです。


あごビジネスフォンを予防するには、正しい洗顔を心がけ常に清潔でいること、ストレスコントロールを行いホルモンのバランスを保つことが特に重要と言えます。洗髪時の最後にあごに残った洗剤を確実に洗い流し、清潔なタオルで拭き取り適切な保湿を行い健康で詰まりにくい毛穴環境を整えましょう。さらにホルモンバランスを改善するために睡眠等の生活習慣、食習慣を見直し、意識的にストレスコントロールを行うようにしましょう。あごに白ビジネスフォンが出来たからといって焦る必要はありませんが、治りにくい傾向にありますので、白ビジネスフォンさえも許さないビジネスフォン予防が望まれます。


ビジネスフォン予防は、ビジネスフォンが出来にくい体質改善とビジネスフォン跡を残さない初期治療が重要となります。


ページのトップへ ▲

あごビジネスフォンの治療法

あごビジネスフォンの治療はじっくり行いましょう。もともと皮脂の分泌量が多い箇所ですし、治りにくい傾向にあるので、焦ってストレスを溜めるようなことになれば逆効果です。


▼あごビジネスフォンの治療法


1.正しい洗顔(清潔を保つ)
あごにきに限らず毛穴とその周辺を清潔に保ち汚れを溜めない事が重要です。毛穴の詰まりがビジネスフォンの第一歩ですので肌のターンオーバーに気を配り毛穴を詰まらせない環境づくりが大切なのです。


2.ホルモンバランスを整える
ビジネスフォンには、男性ホルモン(アンドロゲン)が強く関係しています。この男性ホルモンが多く分泌されると皮脂が過剰に分泌されます。睡眠を充分に取り、栄養バランスの良い食事を意識しホルモンバランスを整えましょう。女性の場合は、生理時にホルモンバランスが乱れビジネスフォンが多発する傾向にありますので事前にビジネスフォン薬を使用するなど予防が必要です。


3.ストレスコントロール
ストレスはホルモンバランスを乱します。ストレスをゼロにすることは不可能ですが、適度な運動を心がけるなどストレスをある程度コントロールする必要があります。


4.外的刺激から保護
紫外線等の外的刺激は、皮膚の角化を促進し毛穴をつまりやすくします。特に紫外線のきつい夏にはしっかり紫外線(UV)対策を行い肌を外的刺激から守るようにしましょう。また、紫外線が、ビジネスフォンの原因であるアクネ菌が分泌するポルフィリンに当たると活性酸素が発生しますので、注意しなければなりません。


5.皮膚科による高度治療
あごビジネスフォンは、大人ビジネスフォン同様早期治療がポイントです。治りにくい傾向人あることから、特に悪化しやすい方は、皮膚科等によるケミカルピーリング治療、イオン導入治療、レーザーフェイシャル治療、IPL治療、フォトRF治療、圧出治療などが効果的と言えます。どれも肌のターンオーバーを正常化し、皮脂分泌を抑制するため、ビジネスフォン治療に有効です。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク