ビジネスフォン中古NTT

ビジネスフォンの基礎知識

.

ビジネスフォンとは

ビジネスフォンとは、会社・企業、店舗・ホテル等で使う業務用の電話システムです。具体的な役割は、複数回線を効率的に利用したり、共有する働きがあります。会社での利用が多いビジネスフォンですので、複雑で分かりにくいと認識されがちですが、ビジネスフォンは丈夫で誰でも使いやすい業務用電話機ですので、難しく考えないようにしてください。ちなみにビジネスフォンはビジネスホンとも書きます。


ビジネスフォンの中でシェアが高いのは、NTT製のビジネスフォンです。ですからビジネスフォン中古品の中でも、在庫が豊富なのがNTTになります。また、ビジネスフォンは新品販売ももちろんございますが、とても高額であるため中古品がとても人気あります。一度中古のビジネスフォンをご利用されると、丈夫であまり故障がないことに気づかれると思います。特に比較的新しい機種の中古品であれば、更に故障率が低く長く安定して使うことが出来ます。

ビジネスフォン

ページのトップへ ▲

ビジネスフォンの種類

ビジネスフォンには、モジュラーケーブルで接続する通常のビジネスフォンとLAN上で利用するIP電話機タイプとがあります。通常のビジネスフォンは、モジュラーケーブルでつなぐビジネスフォンで広く一般的なビジネスフォンを言います。ビジネスフォンの電話機をを多機能電話機と言います。IP電話機のビジネスフォンとはモジュラーケーブルではなく、LANケーブルを使ってIPアドレスを割り振って使うビジネスフォンです。


この通常タイプのビジネスフォンとIP電話機タイプのビジネスフォンを使う上での利便性はビジネスフォン自体に違いはないため同じです。クラウド型のビジネスフォンも最近ではございますが、クラウド型のビジネスフォンは仕組みが全く異なりますので、ビジネスフォンの使い勝手の良さはございません。

ビジネスフォンの種類

ページのトップへ ▲

ビジネスフォンはどこで買うの?

ビジネスフォンは家電量販店などで買えるものではありません。多いケースとしては、専門業者からの購入になります。ビジネスフォンを動作させるには専門知識をもった技術者が設定を行わなければなりません。最近でヤフオクやメルカリなどでビジネスフォンを入手することが出来ますが、設定が必要になりますのでご注意ください。


メーカーは違ってもビジネスフォン自体に設定は必要ですので、専門業者からの購入が一番ベストであります。


ページのトップへ ▲

ビジネスフォンの工事

ビジネスフォンには配線工事も必要です。ビジネスフォンの元となる主装置から各電話機・アンテナまで配線工事が必要になります。電話の配線はLANケーブルとは異なりますので、専用のケーブルやモジュラーローゼットが必要になりますので、専門業者による配線工事が必要です。


また、ビジネスフォンの配線にはスター配線とバス配線がありますので、各ビジネスフォンの機種・型番ごとに合った配線方式がございます。


ビジネスフォン工事は、ビジネスフォン主装置の設定とビジネスフォン電話機への配線が重要になります。


ページのトップへ ▲

ひかり電話とは

ひかり電話とは、NTTが提供するIP電話サービスです。ひかり電話は、基本料・通話料ともに従来のアナログ回線やISDN回線と比べて大幅に安くなっています。つまり現在においては、ひかり電話の選択がベストとなります。


ひかり電話は個人向けと法人向けがあります。どちらでもビジネスフォンで利用可能です。出来るだけ最適なひかり電話を選択し、ひかり電話が利用可能なビジネスフォンを購入しましょう。


ページのトップへ ▲

ビジネスフォンが使える様になるまで

ビジネスフォンは、設定や配線が必要です。会社の代表番号やFAX番号をビジネスフォン主装置へ設定し、ひかり電話などの回線を接続します。ひかり電話での利用シーンが多いビジネスフォンですが、ひかり電話・ひかり電話オフィスタイプ・ひかり電話オフィスAなどその種類や利用するビジネスフォン機種により接続方法は様々です。


1.主装置の設定、電話機への配線

2.ひかり電話回線の接続

3.電話機の接続

4.代表番号やFAX番号での発着信テスト


ページのトップへ ▲

ビジネスフォンの主装置とは

ビジネスフォン主装置とは、ビジネスフォンの中央装置となり必須アイテムです。このビジネスフォン主装置が全ての機能を提供します。


ビジネスフォン主装置は、様々なユニットを搭載します。ひかり電話をつなぐユニットや電話機をつなぐユニットなど、それら無しでは動作致しません。ちなみに最近のビジネスフォン主装置は、パソコンからの設定が出来る様になっています。


ページのトップへ ▲

ビジネスフォンのユニットとは

ビジネスフォンのユニットとは、ビジネスフォン主装置へ搭載する基板で、回線や電話機を動かすのに必要です。このビジネスフォンユニットが適合したものを使わないと、動作しませんので注意が必要です。


ビジネスフォンのユニットは主装置内へ搭載しますので外からは見えません。しかし、ユニットは非常に重要な働きをします。


ページのトップへ ▲

ビジネスフォンの電話機

ビジネスフォンは、専用の電話機を接続します。ビジネスフォンはメーカーや機種ごとに、電話機の型式が決まっていますので他メーカーの電話機をつなげても動きません。


そしてビジネスフォンの電話機は丈夫で誰でも使える様に設計してあります。毎日、業務で使うものだからです。家庭用電話機とは異なります。


ページのトップへ ▲

ビジネスフォンの購入方法

ビジネスフォンの購入はビジネスフォン専門業者へ問い合わせを行うところから始まります。業者ごとに取り扱うビジネスフォンメーカーは違いますし、ひかり電話を推奨したり、ソフトバンクのおとくラインを推奨したりと様々です。


ビジネスフォンが無料と謳う業者もありますが、必要以上に回線契約をさせられたり、高額な複合機を抱き合わせ販売させたりと注意が必要です。


またビジネスフォンをさせば使えるだけで済む様に、予め設定や配線出しをしている販売店もありますので、それらの業者も検討してみましょう

ページのトップへ ▲