1.主装置へログイン
主装置から出ている白(もしくは青、グレー)のLANケーブルをPCに直接つなぎます。

Webブラウザより主装置へログインします。
ID 「10」
パスワード 「0000」

IPアドレス初期値 : 192.168.1.10
※Webブラウザからのログイン方法が不明な場合はこちら(IPアドレスの固定方法)
 
※初心者の方向け:主装置をDHCPにてIPアドレスをもらう様に変更する方法
 



※Webブラウザからのログイン方法が不明な場合(IPアドレスの固定方法)


1.主装置から出ているグレー(もしくは青)のLANケーブルをPCに直接つなぎます。
  接続するPCの無線LANは切っておいてください。

2.PCのIPアドレスを下記に従って設定します。


まずネットワーク接続画面を開く必要があります。スタートからコントロールパネルを開きます。


コントロールパネルメニューにあります、ネットワークの状態とタスクの表示をクリックします。


アダプターの設定の変更メニューを(クリック)表示します。

IPアドレスを固定する

モデム又はルータへ接続しているアダプタ名(例:ローカルエリア接続)を右クリックしプロパティを開きます


以下の画面が出ますので、インターネットプロトコルバージョン4をクリックして選択しプロパティボタンをクリック下さい。


以下の様にIPアドレス手動入力画面が出ますので、こちらの方で設定します。




3.インターネットエクスプローラなどのWebブラウザを立ち上げて、
  アドレスのところに「192.168.1.10」と記入しエンターを押します。


4.最初の説明に従って進めてください。







※初心者の方向け:主装置をDHCPにてIPアドレスをもらう様に変更する方法


内線10の電話機で下記ボタン操作をします。

  /////////////////////////////////////////////////
  内線 決定  #※#※  スピーカー

  外線12  20  1 スピーカー

  機能 決定 ※
  /////////////////////////////////////////////////


主装置から出ている白のLANケーブルを社内LANへ参加させます。
=ルーターのLANポートやHUBへつなぎます。

主装置の電源を入り切りします。





固定電話機(どれでも可)で

メニュー 193

出てくるIPアドレスをメモします。
例)192.168.11.15

上記のアドレスへWebブラウザからアクセスします。

最初の説明に従って進めてください。